アトピーとは?

アトピーとは

アトピーとはアトピー性皮膚炎の略称です。

原因はアレルギーによるもので、数あるアレルギー反応のうち皮膚に過敏症によって湿疹などが起こる病気のことを意味しています。

アトピー単独で起こる場合もありますが、合併症も多く全身性エリテマトーデスなど難病指定を受けている膠原病としても発症します。

アトピーと酷似しているその他の皮膚炎

アトピーの場合、アレルギーによる皮膚炎という定義があるので、特定のアレルゲン(アレルギーの原因物質)の存在があります。

一方で、乾燥肌で起こりがちな接触性皮膚炎も過敏性皮膚炎で多発性(しょっちゅう起こるという意味)ですが、アレルゲンの特定ができない場合はアトピーと区別されるのが一般的です。

また、刺激性の強い食事や化粧品などを使ってできる湿疹や蕁麻疹は一過性のものなのでこれも厳密に言えばアトピーとは異なります。

他にもウィルス性皮膚炎(ヘルペス性皮膚炎など)もアトピーとは区別されています。

このようにアトピーと酷似した症状を起こす皮膚炎はたくさんの種類がありますが、最も識別が難しいのが「帯状疱疹」ではないかと思われます。

帯状疱疹とは帯状の疱疹ができ赤く腫張する皮膚炎です。

どちらかといえば痒みよりも痛みの方が強いので見た目と自覚症状の起こり方から通常のアトピーとは区別することができます。

また、帯状疱疹の「疱疹」とはヘルペスによる皮膚炎のことなので、上記のようにウィルス性の皮膚炎とアレルギー性のアトピーとは医学的に別の疾患として区別されます。

アトピーの原因

冒頭でも述べたようにアトピーの原因はアレルギーです。

アレルギーとは特定の原因物質(アレルゲン)によって引き起こされる様々な症状のことで、皮膚に起こるアトピー以外にも喘息や慢性気管支炎などの呼吸器症状、全身の状態が急激に悪化するアナフィラキシーショック、鼻炎、アレルギー性結膜炎、角膜炎、下痢や胃痛などの消化器症状、多汗、発熱などアレルゲンによっていろいろな症状があります。

アレルゲンに過剰反応する過程には個人差がありますが、免疫機能の中でアレルゲンに対する許容量を超えたら一気に発病するというのが一般的で、花粉症や気管支喘息(大人喘息)などはその典型的な症例になります。

また、遺伝的な要因も考えられます。

発症に至る主な外的要因としては

  • ストレス
  • 加齢
  • 不眠症やうつ病などの精神疾患
  • 自己免疫性疾患(全身性エリテマトーデスなど)
  • 居住空間の衛生状態の悪化
  • 便秘や下痢などの消化器異常

などが考えられています。

このページの先頭へ