糖尿病はどうして食事療法で良くすることができるの?

食事療法の目的とは?

糖尿病の治療の基本が食事療法であるというのには幾つかの理由と目的があります。

まず、一般的に「糖尿病」と呼ばれているのは“生活習慣の乱れが原因で起こるII型糖尿病”であるという点です。

糖尿病が生活習慣病と呼ばれる所以もここにあります。

つまり、糖尿病患者の95%を占めるII型糖尿病は生活習慣の乱れによって起こるということから、まずは生活習慣を正すことで糖尿病の進行を遅らせる、という理屈になるのです。

生活習慣には「食習慣」「運動習慣」「睡眠習慣」があり、この三つの習慣をバランスよく実践することで「自律神経」が正常に機能し、内臓の働きにもいい影響を与え、生活習慣病の予防と改善につながるというのが基本的な考え方になります。

特に「食習慣」は体内では合成できない必須アミノ酸やビタミン類などを補給する大切な習慣です。

ここが乱れてしまうとすべての生活習慣のバランスが崩れてしまうのです。

したがって、食事療法の目的の一つとして、食事療法を実践することで乱れた生活習慣をバランスの良い状態に戻すことがあげられるのです。

食事療法のもう一つの目的は「意識を持って血糖値をコントロールする」ということです。

糖尿病には目立った自覚症状がありません。

もし、自覚症状や合併症が確認できる状態というのはかなり進行したステージに移行してしまっているということになります。

こうなると膵臓の機能はかなり低下しているか全く機能していない状態となり、薬物治療を行う必要性が生じます。

ただし、ステージ2以前までならまだ膵臓は機能している状態なので、血糖値を意図的にコントロールすることで糖尿病の進行を遅らせたり、食い止めたりすることが可能となります。

ところが、自覚症状がなければ人間はついつい怠惰な食生活を送りがちになってしまいます。

したがって食事“療法”として治療の一環と位置付けることで血糖値を意図的にコントロールする習慣を身につけさせることが重要となってくるのです。

I型糖尿病に食事療法は無意味?

糖尿病には遺伝因子に由来するI型糖尿病というタイプもあります。

このタイプは生まれつき糖尿病因子を持っているため、20歳頃までに発症する例が多く“若年性糖尿病”とも呼ばれています。

先天的な要因のため、一度発症すると薬物治療(インスリン自己注射)が必要となるケースが多いのですが、発症までの期間に食事療法を実践することで発症を遅らせたり、急激な血糖値の上昇を抑え込むことで発作や合併症のリスクを軽減させることが可能となります。

したがってI型糖尿病でも「食事療法は治療効果がある」という判断になります。

両親のどちらかがI型糖尿病の場合、子供に遺伝する可能性は高いので、妊娠時に婦人科と良く相談をして産む決心が着いたら発症リスクを調べて食事療法を含めた発症予防プランを医師とともに立てるようにしましょう。

このページの先頭へ