胃潰瘍とは?

胃潰瘍とはどんな病気?

胃潰瘍とはなんらかの原因で胃酸過多の状態となり、胃粘膜まで溶かしてしまうという病気です。

そのまま進行すると胃壁がただれてしまい、更に悪化させると胃に穴が開くこともあります。

主な症状は

  • 胃痛
  • 出血(吐血、下血)
  • 胃壁酸状態(ただれ、逆流性食堂炎、胃瘻、腫瘍化など)

H2ブロッカーなどの胃潰瘍治療薬の投与で治療を行いますが、寛解と再発を繰り返す胃潰瘍はピロリ菌の感染によるものである症例が多く、ピロリ菌感染症は日本人のおよそ8割以上の有病率をマークすると考えらえています。

ただし、必ずしも保菌者が発病するとは限りません。

胃潰瘍はなぜ発症するの?

上記のように日本人の8割以上がピロリ菌の保菌者であるとするなら、胃潰瘍最大の原因はピロリ菌感染によるものだと考えられます。

次いで多いのがストレスや不眠による胃潰瘍で、ピロリ菌由来の胃潰瘍も発症の引き金がストレスによるホルモンバランスの乱れや血行不良による免疫力の低下であると考えられます。

生活習慣が乱れると体の中のPHが酸性に傾く傾向が高くなります。

これは活性酸素が大量に発生することや胃酸過多になることなどが原因と考えられますが、この胃酸過多状態が長く続くと胃潰瘍を起こしやすくなります。

これらのことから胃潰瘍発症の直接的な原因としては

  • ピロリ菌感染
  • ストレス、不眠症
  • 生活習慣の乱れ

が挙げられます。

ピロリ菌感染以外の原因は自律神経を乱し、ホルモンバランスを狂わせて胃潰瘍以外にも様々な健康被害をもたらすので十分な注意が必要です。

胃がんへのリスクとしての胃潰瘍

胃潰瘍は胃がんの初期症状として警戒されています。

しかし、胃潰瘍と胃がんとは病気としては全くの別物です。

胃潰瘍によって胃酸過多となり胃壁の細胞が傷つけられることで遺伝子のコピーエラーが起こりやすくなり胃がんが発症しやすくなると考えられています。

したがって胃潰瘍は確かに胃がんリスクの一つですが、胃潰瘍になったからといって即胃がんへと結びつけてしまう必要はありません。

胃の器質的病変(物理的な病変という意味)なので早期に治療を施せば寛解や完治も可能です。

ただし、放置しておいては悪化する危険性の方が高い病気なので慢性的な胃痛や逆流性食道炎、下血など胃潰瘍を強く疑わせる症状が出た場合は早い段階で医療機関を受診しましょう。

逆流性食道炎について

逆流性食道炎とは胃酸過多となり胃酸が胃から食道に向かって逆流することで起こる病気です。

主な症状は

  • 胃のもたれ
  • 胃痛
  • 腹部膨満感
  • げっぷ
  • 酸っぱいものや生臭い息が込み上げてくる

などになります。

かなりの高頻度で胃潰瘍に進行するので逆流性食道炎かな?と思ったらただちに医療機関を受診してください。

このページの先頭へ